処女(しょじょ)を捨てたい・卒業したい女の子のために

早くH経験・初体験をしたい女の子向けに
処女捨て・処女卒のプロがサポートします。

色気のあるオトナの女になりたいあなたへ

見た目には自信があるし、男の子にもモテる方。
だけど「男性とのH経験がない、処女(しょじょ)であること」だけがコンプレックス・・・。
あなたもそんなことを感じていませんか?

そんな「早く処女を捨てたい!コンプレックスから解放されたい!」と思っている女の子の処女卒業サポートをしています。

※基本的に学生(18際以上の高校生・専門学校生・大学生など)向けのサービスです。

「処女なことが恥ずかしかった」女の子の話

私がこのサービスをはじめたキッカケは、ある女の子でした。

ひょんなことから出会ったその子。
彼女にとっての初H・初体験であることは分かっていました。
それでも身をゆだねてくれたその子に、少しでも幸せな時間を過ごしてもらいたい。
そうして過ごした一時の後、その子はこのように告白してくれました。

「今まで処女なことが恥ずかしかった。大人の女にしてくれてありがとう!痛みもなかったし、これからは、友だちとHな話もできるのがうれしい!」

思った以上にお礼を言われて感謝され「あぁ、良かった」と思いました。

それからも、いろいろな女の子とお話する中で、多くの女の子が、性のことにコンプレックスを持っていることが分かってきたのです。

処女=”メンドウくさい女”と思われたくない

中でも、処女(しょじょ)の女の子は、友だちにも相談できずに、自分だけで悩んでしまいがちなことが分かってきました。

あなたも、こんなことを思ったことはないでしょうか?

  • 早く処女を捨てたい(卒業したい)けど痛いのはイヤ
  • 彼氏(好きな人)や友だちに処女とバレたくない。「メンドウくさい女」と思われたくない。H経験がないことで別れてしまったことがあるから次はそうならないようにしたい。
  • 友だちがどんどん卒業(処女ではなくなって)いるのであせっている、友だちから置いていかれている感じがする。他の友だちより早く処女を捨てたい。
  • 脱処女して自分のカラを破りたい、新しい自分になりたい
  • 友だちからは恋愛経験が多いと思われてるので、いまさら処女だと言えない
  • 非処女の友だちとの会話についていけない
  • 女子校育ちで男性との接点がない。男性のことがよく分からない、なんとなく怖い
  • 恋愛には興味ないキャラだと思われているので周りに言えない(けど本当はエッチなことにも興味がある)
  • モデルや芸能活動をはじめる前にSEXを経験しておきたい
  • 男性を気持ちよくするHのやり方を知って彼氏(好きな人)を喜ばせてあげたい
  • 過去につらいことがあり、トラウマがある
  • とにかくHをしてみたい。気持ちよくなってみたい

いずれも私が今まで会った女の子が、心に秘めていたことです。

そんな女の子が、晴れ晴れとした気持ちで、前向きにがんばっていけるように「処女卒業サービス」を行っています。

もし、あなたが早く処女を捨てたいと思っているならば、このページを読み進めてください。

無料で、痛くない処女卒業

処女とは「H経験のない女の子」のことですから、処女を捨てるにはH(SEX)をするしかありません。

初めてのSEXは「スイカを鼻から出すより痛い」と言われることもあります。あなたも学校の友だちや先輩からそんな話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、私の場合は、独自のテクニックにより、ほぼ痛みなく処女卒業(ロストバージン、処女喪失)ができます。

また、料金などはいただきません。「無料」です。

場所は、東京都内のホテル(ラブホテルまたはレンタルルーム)が基本となります。

※ラブホテル・・・H用のホテルのこと。日中の2時間くらいから使えます。
※レンタルルーム・・・ラブホテルをもっとシンプルにした感じの場所です。

若い時間は二度と返らない
ムダにするのはもったいない

なぜ、こうしたことを無料でやっているのかと言うと

「かわいい女の子が、処女を捨てるとか捨てないとかで、二度と返らない若い時間をムダにしているのがもったいないと思うから」

です。

男も女も、いろんな人と付き合ったり別れたりHしたりして成長していくんです。だから、さっさと、いろいろ経験をしちゃえばいいと思うんですね。

けど、それができずに悩んでしまっている子が、特に処女の女の子には多い。

それって、すごくもったいないと思います。

「命短し、恋せよ乙女」
なんていうフレーズもあります。
悩んでいる間にもアッというまに時間は過ぎていきます。

だったら、その悩みをサクッと解決しちゃおうというのが、このサービスです。


また、日本では子どもが生まれる数が少なく、少子化が問題になっています。

知人の男性からは
「処女の女の子とつきあったとき、Hがうまくできずに気まずくなってしまって、すぐに別れてしまった」
という話も聞いたことがあります。

男性にとっても女性にとってもSEXはとても重要です。H経験がないために恋愛につまづくのは、もったいないことだと思います。

初体験でつまづく女の子が減ることで、少子化問題の解決にもなれるのではないかと思っています。


そしてなにより
かわいい女の子を気持ちよくするのは楽しいですし、お礼を言ってくれるのもうれしいですしね!笑

会ってから2〜3時間で処女卒

サービスの流れは、次のような感じです。

1.会う場所や日時(平日の夜や、土曜の昼頃が多いです)などをLINEやメールで決めます

2.当日、待ち合わせ
もし会ってみてイヤだと思ったなら、その場でキャンセルしてもらって大丈夫です。(今までのところ、会ってキャンセルになったことはありません)

3.ホテルまで歩きます

4.リラックスのために軽くトークや前戯(手でのプレイ)など

5.シャワー

6.H
(私の方でリードしますので、何も分からなくても大丈夫です)

7.シャワーしてホテルを出ます

8.待ち合わせ場所まで送ってお別れします

ざっとこんな感じです。

かかる時間は、だいたい2〜3時間くらいです。
(ご都合にあわせて時間の調整はできますが、1.5時間は必要です)

持ち物は特にありません

持ち物は特にありません。

ラブホテルを使用しますので、避妊用のコンドームもホテルに置いてあります。
その他、必要なものは私の方で持っていきます。

かかるのは交通費だけ。それ以外には、何もかかりません。
お金がある社会人は女性向けの風俗に行ったらよい、と思ってますので、お金があまりない学生(18歳以上の高校生・大学生・専門学校生など)のためのサービスです。

※女性向けの風俗・・・女性向けにHなサービスを行う風俗。1回あたり数万円です。

実際の感想

実際にこのサービスで処女を卒業した女の子たちの感想を紹介します。

「今日はありがとうございました(^^)
なんかいろいろ吹っ切れた感じです!
想像してたより気持ちよくて楽しかったです!笑 また、せまくならないうちにできるようにします!笑」(10代・女性)

「今日は本当にありがとうございました。すっきりした感じです。経験の大切さが分かりました。これからどんどん経験を積んでいきたいと思います。2時間つきあってくれてありがとうございました!」(10代・女性)

すごく気分が軽くなりました!本当にありがとうございました!」(20代前半・女性)

今日はありがとうございました!
緊張していたのですが、優しくして頂いて、お話もしやすくて、お願いしてよかったです。
初めて尽くしで、正直既に所々記憶もないのですが笑、想像してたより本当に全然痛くなくて意外とあっさり卒業できちゃったなぁって感じです。
ちゃんとした下着だと洗濯したとき親に怪しまれそうなので、ブラトップみたいなので困らせてしまってすいません‥。あと、歯の矯正をしていてマウスピースつけてたので、最初キスしてもらったとき変な感じさせてしまってたらごめんなさい。
よく分からなくてちゃんと言えなかったんですが、触ったり舐めたりしてもらってるときはゾクゾク?した感じのときもあって気持ちよかったと思います。
普通にえっちしても気持ちよくなれるように頑張ってみます!アプリとかちょっとやってみようかなって思いました笑
今日体験できたことで、社会人彼氏がいる友達の会話にもなんとか置いてかれずに済みそうですし笑、なによりなんかスッキリしました!
勉強頑張ります。
本当にありがとうございました^^(10代・女性)

とても優しかったので安心できましたし、丁寧に教えてくださったのですごく勉強になりました!!
ちょっぴり不安は残るものの、気持ちも軽くなり、勇気をもってがんばれそうですp(^-^)q
未来への一歩を後押ししてくれたこと、心から感謝します(^-^)♪今後も女の子たちの強い味方でいてくださいね。」(20代前半・女性)

「今日は、本当にありがとうございました!
とても気持ちよかったです。これからHにハマりそうです(笑)
丁寧で優しくて、お会いできて本当に良かったです(*^^*)」(10代・女性)

このような感謝の声をもらえるのが、私がこのサービスを続ける大きなモチベーションの1つとなっています。
それ以外の感想はこちら→処女卒業サポートご感想

処女卒業サポートの申し込み方法



補足:早めの処女卒業をおすすめする理由

いろいろな子の処女卒業をお手伝いしたり、女性と話をしたりして思うのは、「早めに処女は卒業した方がいい」です。

できれば10代のうちに。遅くとも学生のうちに。

なぜ早い方が良いのかというと、遅いと自分に自信が持てなくなってくるからです。

私は、20代中盤やアラサー社会人の処女の女性と話すこともあります。 彼女たちは「どうせ自分なんて男に相手にされない、たいしたことがない人間だ・・・」と、女としての自信を失っていたりします。 年を取ってくると、「ヤラサー(Hをヤラずにアラサー)」「ヤラミソ(Hをヤラずに三十歳(みそじ))」と言われたりもしますし、 友人や周囲の人と、どうしても比べてしまうのでしょう。社会人の友だちとなると、H経験済みなことはもちろん、結婚している人も多いですから。
また、処女が理由で、恋愛がうまくいかなかった経験があって傷ついている女性もいます。(エッチがうまくできずに別れてしまったりなど)

そうした女性の心を癒やすには、その女性に寄り添える人が必要です。 けれども、私の身体は1つしかありませんから、その女性たちを助けることはできません・・・・残念ながら・・・。

だから、あなたには、そんな風に傷つく前に、早く誰かと処女を卒業してほしいと心から願います。

10代や学生のうちは、まだそこまで深く気にならないと思います。周りの友だちにもまだ処女の子がいるでしょうし。
ただ、後から「こんなはずじゃなかった、もっと早くしていれば・・・」と後悔するのは、とてもつらいことです。
私が手伝えるのならば、そのお手伝いもいたします。 このページを見ていただいたのも、きっと何かのご縁です。ぜひ参考にしてください。

処女卒業サポートお申込み前のQ&Aへ

メニュー